コープ果汁株式会社

Equipment

第一工場

設備概要

1983年(昭和58年) 缶容器生産ライン 1ライン 紙容器生産ライン2ラインを設置操業を開始しました。

翌年の1984年(昭和59年)にはペットラインを設置しました。

その後、設備の改廃を経て、現在はホットペット2ラインと紙容器5ラインが稼働しています。

年間の生産数量は全ライン合わせて1100万ケース生産可能となっています。

今後も顧客ニーズに応えるための設備導入を図るとともに、防虫対策を含む環境改善にも取り組んでいきます。


敷地面積 73,135m2(22,162坪)
建築面積 19,477m2(5,902坪)
現有設備

ホット充填ペットボトル詰飲料製造設備

0.28~1.5L(0.28L 500本/分)

1ライン

ホット充填ペットボトル詰飲料製造設備

0.28~1.0L(0.28L 500本/分)

1ライン
無菌充填紙容器詰製造設備 5ライン
テトラ250mLスリム 125個/分(TBA19) 2ライン
テトラ200mLスリム 125個/分(TBA19) 1ライン
テトラ200mLスリム 150個/分(A3/CF) 1ライン
テトラ250mLスリム 150個/分(A3/CF) 1ライン
冷凍庫(F級-25℃) 81m2
冷蔵庫(C級+5℃) 302m2
ボイラー 3,000kg/h 5台
排水処理設備 1式
製品倉庫 工場内 2,378m2
十倉倉庫 6,912m2

製造ライン


無菌充填紙容器詰設備

紙容器抽出室

紙容器抽出室

次へ

紙容器調合室

紙容器調合室

次へ

紙容器充填室

紙容器充填室

次へ


紙容器包装室

紙容器包装室

次へ

紙容器ロボットパレタイザー

紙容器ロボットパレタイザー


ペットボトル詰設備

ペットボトル抽出室

ペットボトル抽出室

次へ

ペットボトル調合室

ペットボトル調合室

次へ

ペットボトル充填室

ペットボトル充填室

次へ


ペットボトル包装室

ペットボトル包装室

次へ

パレタイザー

パレタイザー

第二工場

設備概要

2014年(平成26年)ボトル成型機を含む最新設備のアセプペットラインを設置しました。

2015年(平成27年)1月より本格稼働を開始しました。

炭酸飲料と緑茶・紅茶・スポーツドリンク等の非炭酸飲料の兼用ラインとなっています。

年間の生産可能数量は 1000万ケースです。

省人化や省エネを意識した生産設備となっていて、さらに設備の充実に取り組んでいます。


敷地面積 55,150.49m2(16,712坪)
建築面積 14,895.16m2(4,513坪)
現有設備

炭酸飲料兼用アセプ充填ペットボトル詰製造設備

0.28~0.55 (900本/分)

1ライン
ブロー機設備 1台
冷凍庫(F級-25℃)/冷蔵庫(C級+5℃) 491.13m2
ボイラー 3,000kg/h 6台
冷凍機設備 6台
製品倉庫 1,458.58m2
排水処理設備 1式

製造ライン


第2工場 C2ライン


無菌充填ペットボトル詰設備

ペットボトル抽出室

ペットボトル抽出室

次へ

ペットボトル調合室

ペットボトル調合室

次へ

ボトルブロー機

ボトルブロー機


ペットボトル充填室

ペットボトル充填室

次へ

ペットボトル包装室

ペットボトル包装室

次へ

パレタイザー

パレタイザー

コープ果汁株式会社
〒286-0215 千葉県富里市立沢新田172-1
TEL:0476-93-8541/FAX:0476-93-9201

ページトップへ